小鷹研究室の仕事

WORKS一覧

重力反転大車輪計画(2019)

TWITTER

YOUTUBE
CAPTION
小鷹研究室は、認知心理学的な立場から幽体離脱研究をすすめるなかで、主観的な「重力反転」現象に注目しています。この研究の一つの副産物として、2018年のSiggraph Asiaでは、瞬時的な重力反転のスイッチを体験できる「Self-umbrelling」を発表しました。「Self-umbrelling」の続編でもある本作「重力反転大車輪計画」は、新たなコンセプトとして、寝転がった状態から下を見降ろす状態への(瞬時ではなく)”連続的過程”を体感することを目標としています。
体験者は、仰向けに寝転がったまま両手でパイプを握ります。補助者の手によってパイプが引っ張り上げられるのと同時に、HMD上の視界はちょうど「大車輪」を行うようにぐるりと回転し、自身の寝転がった身体を見下ろす位置へと上がっていきます。この「大車輪」の角度は、Wii Boardによって計測された、補助者の体重増加量によって増減します。
移動した視点において体験者は、自身が天井から床を見降ろしているかのような、重力方向の反転した錯覚を感じ、同時に、自分の腕を引っ張られながらにして自分が腕を引っ張る側に立っているような、受動と能動の反転する錯覚を誘発します。以上のような、「重力方向」および「受動と能動」、二つの反転した錯覚を内包するインタラクションを設計しました。
Abstract
Giant swing sleeper is a head-mounted display (HMD) interaction system that provides a vivid illusory experience of doing a giant swing while lying down on the bed. This is accomplished by identifying the skeleton-avatar swinging on a handle in HMD space with oneself. The swing amplitude correlates how hard the experimenter pulls up the physical handle held by the participant lying down, that is directly related to the increment of the experimenter’s weight. Thus, the sense of being pulled up physically is transformed into an illusory giant swing in HMD space. This interaction creates an illusory sense of gravity as though looking down toward the ground from above as is typically reported in an out-of-body experience (gravity reversal). Many participants also feel that they pull up the handle upwards rather than they are pulled by the experimenter (passive-active reversal). The questionnaire in the exhibition revealed that many participants strongly experienced two kinds of reversal.

CATEGORIES

HMD

PROJECT MEMBER

岡田莞助 森光洋 小鷹研理

YEAR

2019-2020

EXHIBITION

  1. 大名古屋電脳博覧会, 名古屋市民ギャラリー矢田, 2019.9.19-23 [EXHIBITION]
  2. 研究室展示『からだは戦場だよ2018Δ ボディジェクト思考法』, やながせ倉庫・ビッカフェ, 2018.12.22-23 [美術手帖] [EXHIBITION]

RELATED LINK

  1. 2019.7 VR Creative Award 2019 一次審査通過 [LINK]
  2. 2018.12.26 Untitled|偽日記@はてなブログ 古谷利裕 [Hatena Blog]